悲しみのクリスマスケーキ

(1)

「何歳までサンタクロースを信じていたか?」

と言う話題になると喜和子は、

その話題について行くことが出来ない自分を

悲しく感じるのだった。

 

そして、街にクリスマスディスプレイを

見かける頃になると、

そのディスプレイに祖母志乃の顔が

重なって見えるような気がするのだった。

 

父方の祖母志乃は、気位が高く、

保守的、閉鎖的だった。

クリスマスなどの外国の行事や文化を

「西洋かぶれ」と言って忌み嫌っていた。

 

街にジングルベルが流れ、

クリスマスツリーが飾られる時期になり、

近所の子どもたちが、クリスマスプレゼントや

クリスマスパーティーの話で

盛り上がっている時も、

喜和子の周りには、

それらしい雰囲気は全くなかった。

 

せめてクリスマスケーキだけでも

買ってもらおうと、

一家の権力者である祖母志乃にねだると

「家は門徒(浄土真宗の信徒)や!

そんな西洋かぶれの真似せんでもええ!」

とはねつけられた。

 

喜和子が残念そうにしていても、

父の英二は無言だった。

英二は志乃に全く頭が上がらなかった。

母の初枝は、そんな英二を

じれったく思っても何も言えず、

喜和子がしつこくクリスマスケーキを志

乃にねだると、

苛立って喜和子を叱った。

 

ある時、見かねた叔父の克也が、

クリスマスケーキを買ってくれた事があった。

喜和子は、飛び上がらんばかりに喜んだが

志乃は勿論のこと喜和子の両親も

「クリスマスケーキが

買えないわけではないのに…」

と複雑な表情をした。

 

喜和子はその時のことを

今でも忘れる事ができないでいる。

志乃は喜和子にクリスマスケーキを

食べることを禁じたのだ。

 

克也はクリスマスより少し早めに

ケーキを買ってきてくれた。

当然、クリスマスには

克也が買ってきてくれたケーキを

食べられると喜和子楽しみにしていたが、

京都生まれの志乃は、

「あかん!」

と関西弁でキッパリ言った。

 

クリスマスが過ぎても、

志乃は絶対にケーキを食べることを許さず、

ついにケーキは悪臭を放つようになった。

 

その頃になって、やっと志乃は

ケーキの箱の包装を解いた。

当然、ケーキは食べられる状態ではなく、

ゴミ箱行きになった。

 

喜和子は悲しかった。

 

子どもの気持ちを全く考えずに、

自分の古い考えを押し付ける志乃が、

悲しかった。

食べさせてやろうと思って

買ってきてくれた克也の気持ちを

傷つけたようでたまらなく悲しかった。

 

克也のクリスマスケーキの一件以来、

喜和子はクリスマスに全く何も

期待しなくなった。

ケーキが食べたいとは、

絶対に言わなくなった。

 

皮肉にもその頃になって、

喜和子の両親がクリスマスケーキを

買ってくれるようになった。

喜和子の気持ちを考えてと言うより、

外聞を憚ってと言う方が正しかった。

 

喜和子は白けた気持ちで

クリスマスケーキを食べた。

 

両親には、

「しつこくねだったのに喜ばない」

と言われたが

喜ぶ気持ちにはなれなかった。

 

一事が万事その調子だったので、

喜和子は何もかも諦めてしまった。

いつの間にか自発性のない

大人しいだけが取り柄の人間に

育ってしまったようだ。

 

志乃が亡くなってもう何年も経つが、

喜和子はまだ志乃の支配から

逃れられずにいるような気がしていた。

 

特に、ジングルベルが流れる頃になると、

強烈な志乃の過干渉が蘇ってくるのだ。

喜和子は全てのことで祖母の意見に

従っていたので、

成人した今でも自分が何をしたいのか

よくわからなかった。

 

(2)

「今年もクリスマスがやって来るな…」

と喜和子は浮かない気分で思った。

 

「北川さん、浮かない顔してどうしたの?」

と社長の吉見が言った。

 

喜和子は大学の英文科を卒業し、

公務員試験を受けたが不合格だった。

喜和子は、今、知人の紹介で

吉見の経営する小さな不動産会社に

パートタイムとして働いている。

 

吉見は社長と言っても

喜和子より8才年上の30代半ばの

青年実業家である。

 

喜和子が実際にしている仕事は、

吉見の祖父が設立した財団法人の

出版事業の仕事がほとんどだった。

 

講演会の音声記録を文章化、

紙の原稿が来た場合のパソコン入力、

校正、記録のコピー取り、

会報の発送準備等々の雑用が

喜和子の仕事だった。

 

喜和子が吉見の会社に初めて来た時、

「私、不器用で、取り柄がないんです…」

と喜和子が不安げに言うと

 

「大丈夫、僕が仕込んであげるよ。

中途半端に器用より真面目で不器用な方が、

仕込み甲斐があるからね」

と吉見が穏やかに笑って言った。

 

吉見はいつも大らかに

「大丈夫、大丈夫」

と笑顔で喜和子を見守ってくれた。

真面目な喜和子の働きぶりを

十分に評価していた。

 

志乃に抑えつけられて育った喜和子は、

快い風に吹かれているように感じていた。

 

「北川さん急ぎの校正の仕事があるんだよ。

クリスマス返上になるけれど、

勤務時間延長してやってくれる。

それから、創始者つまり僕のじいさんの

思い出を書いた英文記事があるんだ。

翻訳料を十分には払えないけれど、

勉強だと思って翻訳してくれるかな?

新年号に載せたいんだよ」

 

「え!私でいいんですか?」

 

「僕も協力するから頑張ってやってみて」

と吉見は言った。

 

「はい、やってみます」

喜和子は思い切って答えた。

 

その日から喜和子の忙しい日々が始まった。

会社では朝から原稿とゲラ刷りとを見比べ

校正作業に励んだ。

 

長時間、校正作業をしていると

目が疲れ集中力も鈍った。

吉見の会社の社員が気を使って

チョコレートやキャンディを差し入れてくれた。

吉見も会社の仕事が終わると

喜和子と一緒に校正作業をした。

 

帰宅後はパソコンに向かって

英文記事を翻訳した。

吉見の祖父で財団の設立者を

回想する記事だが、

日頃、会社で創設者の文献や

講演の文章化の仕事をしている関係で

回想録の背景などがある程度

理解出来ていた。

それが助けになった。

 

創始者の人となりや

財団設立の理念などが

その記事から読み取れて

喜和子自身の勉強になり

作業は大変だったが楽しかった。

 

(3)

回想録の翻訳が終わって、

吉見に見せると、

吉見は労をねぎらってくれたが、

喜和子の翻訳を読んで難しい顔になった。

 

「今日、会社の仕事が終わったら

翻訳の検討会をしよう。時間は大丈夫?」

と吉見が言った。

 

「はい、大丈夫です。」

 

喜和子は答えたが

不安な気持ちでいっぱいになった。

それでも、その日も喜和子は

校正作業の作業に取り組んだ。

 

夕方になって吉見と翻訳の検討会を

する時間になった。

 

「北川さん、この段落のこの部分が

直訳的で筆者の意図が伝わって来ないよ。

それから、その次の次の段落もそうだ…」

と吉見は次々と指摘した。

 

「はい、どうしても英文に囚われてしまって」

と喜和子が言うと、

 

「筆者が、言いたいことは何かを

しっかり把握してそれを一から日本語で

表現し直すくらいの気持ちでないと、

筆者の意図が読者に伝わらないよ」

と吉見が言った。

 

喜和子は脳裏に閃光のようなものが

閃いた気がした。

 

「社長、わかりました。訳し直してみます」

と喜和子がキッパリ言った。

 

帰宅した喜和子は一から訳し直すつもりで、

英文記事に向かった。

自分の解釈が筆者の意図に

合っているかどうかと言う不安と闘いながら、

翻訳作業を進めた。

 

今日が何曜日なのか、

翻訳し直して何日経ったのかは

もう頭になかった。

 

クリスマスも全く気にならなかった。

 

翌日の夕方、喜和子は翻訳し直した文章を

再度吉見に見せた。

 

「良くなったね!」と一読した吉見が言った。

いつもの大らかな笑顔だった。

 

「本当にいいんですか?」

と喜和子が不安げに尋ねると。

 

「ああ、これで財団のメンバーに

この貴重な内容がシェアできるよ。

頑張ってくれたね!ありがとう!

あなたの英語力を活かす場が

これからまだまだあるはずだよ」

と吉見が言った。

 

「ありがとうございます!

私も勉強になりました。

内容的にも英語的にも」

喜和子は胸がいっぱいになった。

 

「本当にお疲れ様でした。

校正作業の方もメドが付きそうだし。

疲れたでしょう。

喜和子さんは甘いものは好き?」

と吉見が尋ねた。

 

「はい、校正作業の時、

会社の方に何度もチョコレートを

差し入れて頂きました。」

 

「そっか~よかった。」

 

「?」

 

「クリスマスはもう過ぎてしまったけれど

『リヨン』でケーキを買ってきたんだ」

と吉見が少し照れたように言った。

 

「クリスマスケーキですか?」

 

「うん、クリスマスは過ぎてしまったけどね。

コーヒーを入れてくれる?

一緒に食べよう。

僕も校正作業頑張ったし

それから実は僕も翻訳してみたんだ。

君にも見せるから読んでみて」

 

喜和子は給湯室に言って、

コーヒーを立てた。

 

幸せな気分が心に流れ込んできた。

今まで何となく勉強して来た英語が、

こんな形で役に立った。

翻訳する時には、

何が大事なのかを実感出来た。

 

コーヒーを入れて、

吉見とクリスマスケーキを食べた。

穏やかな幸せを感じた。

 

「この幸福感が

私へのクリスマスプレゼントなんだ!」

喜和子は思った。

 

喜和子は心の中で

悲しみのクリスマスケーキの思い出が

ゆっくり消え去るのを感じた。

 

・・・・・・・(完)・・・・・・・