俳句・川柳など

このページでは村川久夢の俳句・川柳などをご紹介します。

<俳句>

ねえちゃんがなってあげるよ襟巻きに

仲の良い姉妹のごとく菊香る

夕寒に人家の灯人恋し

丹精を込めた糸菊競い咲く

われを待つ湯気立つ夕餉笑み集う

複合機ネコのこたつとなりにけり

散歩道見つけた野草秋日和

 

<短歌>

『一房の葡萄』幼き日の記憶 学級文庫の香して

 

晩秋の近江路訪ね出会いしは 明治の名残洋館映える

 

人々が集う昭和の公会堂 荒波くぐりて幾度目の秋

 

<川柳>

アイディアと毛糸ばかりがまた増えて

光陰に加速度がつく中高年

老眼鏡ないと見えないスマートフォン

別腹がいくつもあって段腹に

可燃ごみ心のゴミと共に出し

洗濯をしようとすると雨が降り

部屋掃くと「誰か来るの?」と父尋ね