大阪に「たぬきうどん」がないのを知ってました?!

*京風たぬきうどん

先日、友人とうどんランチをしました。
写真は私が食べた
京風たぬきうどんです。

京風とことわるのは理由があります。
うどんの「たぬき」は、
地域によって異なるからです。

私が小さい頃から、
「たぬき」と親しんで来た麺類は、
刻んで甘く炊いた揚げを、
うどん、又は、蕎麦に乗せ、
あんかけになっているダシを
かけた麺類を
「たぬきうどん」、「たぬきそば」
と呼んでいます。
いわゆる「京風たぬき」です。

小学生だった頃、父と大阪に行った時、
父がうどん屋で「たぬきうどん」を
注文しました。

出てきたのは「蕎麦台のきつね」で、
ダシはあんかけではなく、
普通のダシでした。

「あれ?『たぬきうどん』頼んだのに、
『きつねそば』が出てきたがな・・・」
と言って不審がっていたのを
覚えています。

後で知ったのですが大阪では、
蕎麦台のきつねを「たぬき」と
呼ぶらしいのです。
京都ではそれを「きつね蕎麦」と
呼んでいます。

そうなのです、そもそも、大阪では、
「たぬきうどん」が存在しないのです。

もっと後になって知ったのは、
関東の「たぬき」です。
関東の「たぬき」は、
うどん、そばに天かす(揚げ玉)が
トッピングされているものらしいです。

京都で生まれ育った私には、
「たぬき」と言えば、あんかけのダシが、
一番に思い浮かびます。

同じように生粋の大阪人の方には、
「たぬき」は蕎麦台の揚げトッピングが
常識なのだと思います。

関東にあまり縁がないのですが、
関東の方にとっては、
「たぬき」は天かすトッピングの麺が、
定番なのでしょう。

ちなみに関西では、
天かすトッピングの麺類を、
「ハイカラうどん」「ハイカラ蕎麦」と
呼んでいます。

常識、定番と思っていることが、
地域が異なると
全然違っていたりするのって、
なんだか興味深いですね。

今回のお話は話題が「たぬき」だけに、
京都、大阪、関東と、
所によって姿を変えて、
うまく化けたのでしょうか?

お後がよろしいようで(笑)