村川久夢プロフィール

✿いい子はしんどかった✿

 

村川久夢は1961年1月

京都市に生まれました。

地元の小学校、中学校、高校を卒業し、

1983年 3月大谷大学文学部英文科を

卒業しました。

1年就職浪人をして、

1984年 4月公立中学の

英語の教員になりました。

 

真面目に努力して、

学校の先生になる。

一見、親を安心させる良い子に

見えますが、

私自身は学生のころから

そして教員となって働くようになっても

「学校」という組織に馴染めませんでした。

それによい子でいるのは

しんどかったです。

 

 

✿鬱病と夫の死✿

 

そしてついに私は

過労とストレスが引き金になって、

鬱を発病してしまいました。

2004年ごろでした。

(現在の診断名は双極性障害2型)

以後、休職と復職を

繰り返すことになりました。

 

信頼できる現在の主治医に出会い、

復職できるまで回復しましたが、

2009年 9月に夫が

社員旅行先で突然に亡くなり、

私の鬱は一気に悪化しました。

 

悪化した鬱に悩みながの勤務は

とても大変で辛かったです。

私はついに2011年 4月退職します。

 

 

✿やっと自分のしたいことがわかった✿

 

「私の人生は最低最悪だ」と

その時は、思いましたが、

人生捨てたものじゃないんですね。

 

私は2012年 9月ヨガと出会い

健康を取り戻すことができました。

 

私は元気になり気持ちも

明るくなりましたが、

まだ自分の夢を

見つけられずにいました。

 

そんな私でしたが、

2015年  1月インナーチャイルド

カードセラピーに出会いました。

カフェにあった

1枚のチラシがキッカケでした。

私は深くインナーチャイルドカードセラピーに

惹かれて、同じ年の10月には、

インナーチャイルドカードセラピーの

セラピスト養成講座を受け始めました。

 

インナーチャイルドカードセラピーで

私は自分と向き合い、

自分の心を冷静に見ることができました。

私は自分が本当にしたいことを

見つけることができました。

 

それは自分を書くことで表現し、

発信することでした。

私の心が本当に求めていたことでした。

私の夢はそれでした。

 

2015年12月、私は小説投稿サイトに

村川久夢のペンネームで

小説やエッセイの投稿を始めました。

 

 

✿作家としてセラピストとして✿

 

翌2016年3月には

インナーチャイルドカードセラピーの

セラピスト養成講座を終了し、

セラピストになりました。

 

長い長い間、見つけられずにいた

自分の夢をみつけることができたのは、

インナーチャイルドカードセラピーに

出会ったからです。

作家として活動すると同時に、

セラピストとしても活動したいと思いました。

 

4月にはセルフブランディングの

かさこ塾塾生になりました。

 

2016年7月には初エッセイ集

大丈夫、きっと乗り越えられる』
~鬱・夫の死を克服した私からのエール~

を出版しました。

 

私の初エッセイ集はタイトル通り、

鬱や夫の死というつらい出来事を

克服した経験を書きました。

私が鬱や夫の死に苦しんだ頃、

出会いたかった本にしたいと思いました。

同じ苦しみに悩む人に

役に立って欲しいと願いました。

 

 

✿インナーチャイルドカードセラピーの

公認ティーチャーになった✿

 

インナーチャイルドカードセラピストとしての

資質を伸ばしたいと思い、

2017年   10月には

インナーチャイルドカード

セラピー創始者イーシャ・ラーナーの

ベーシック&アドバンスコースセミナーに

参加しました。

埼玉県の大宮に6日間滞在して、

セミナーを受けました。

このセミナーで書いたノートは、

30ページを越えました。

 

1年間、創始者イーシャ・ラーナーからの

課題に取り組み、レポートを提出しました。

 

2018年9月

私はインナーチャイルドカードセラピー

創始者イーシャ・ラーナーから

公認ティーチャーに認定されました。

 

同年11月

私は「村川久夢インナーチャイルドカード

セラピー講座」を開設しました。

 

2019年2月には、

東京のサウスフラットシェアで開催された

サウスフェスに

インナーチャイルドカードセラピーで参加し、

東京での出張セッションも実施しました。

 

 

簡単に時系列でプロフィールを

書くつもりでしたが、

ずいぶん長いプロフィールに

なってしまいました(汗)

 

でも、プロフィールを書きながら思いました。

自分の本心に気づかずに、

あるいは自分の本心を偽って生きるのは、

とてもつらいことだと。

 

そして、人生いろいろあるけれど、

案外捨てたもんじゃないとも思いました。

村川久夢プロフィールでした。

 

 

 

<トップページに戻る>