粕汁は大人の味~ああ、京都人~

冷え込む日に温かい汁物を頂くと、

身も心も温まりますね。

 

京都は酒処伏見があり、

酒粕を手に入れやすいからか、

冬の汁物として粕汁が好まれています。

 

私が子どもの頃、

冬になると父の好物の粕汁を

祖母がよく作っていました。

 

ブリや鮭のアラと

短冊切りにした大根と金時人参を

だし汁で煮込みます。

だし汁でふやかした酒粕を最後に加えて、

粕汁の出来上がりです。

薬味は芹と七味でした。

 

実は子どもの頃、

私は粕汁が大嫌いでした。

 

調理している時の匂いが嫌いでした。

子どもだった私には、

ブリや鮭のアラを炊く生臭い魚の匂いが、

まず嫌でした。

そこに酒粕の酒臭い匂いが混ざると、

耐えられない匂いに思えて、

食べる気がしませんでした。

 

大人たちはアラをせせりながら、

美味しい美味しいと言って、

お代りして食べていたのを覚えています。

 

好き嫌いは許されませんでしたが、

粕汁は酒粕が入っているので、

「まあ子どもだし」

と言うことで食べずにすみました。

 

私が粕汁を食べるようになったのは、

中学生になってからのように思います。

部活動でお腹を空かせていて、

嫌いな粕汁を食べてみる気になりました。

寒い日だったような記憶があります。

 

大ぶりな汁椀の粕汁を手に取ると、

そんなに嫌な匂いではありませんでした。

食べてみると意外にも美味しい。

 

空腹だったこともあって、

お代りして食べました。

 

粕汁を食べられるようになった自分が、

少し大人になったように

感じたことを覚えています。

 

あれから数十年経ち、

今ではすっかり家族同様に

粕汁が好きになりました。

美味しい美味しいとお代りして、

粕汁を食べています。

 

魚のアラで粕汁を作っていた祖母も

鮭の切り身で粕汁を作ってくれた母も

亡くなりました。

 

私は大着して、

鮭缶や鯖缶で粕汁を作っています。

 

今でも粕汁を作ると、

祖母の作った粕汁を

家族が美味しい美味しいと言って、

お代りして食べていた光景が、

目に浮かびます。

 

そして、中学生だった私が、

大人の味が分かるようなったと感じた

母の粕汁を懐かしく思い出すのでした。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。