村川久夢の表札を掲げる気概

幼い頃からお話を書くのが大好きだった。

小さな自由帳にお話をいくつも書いていた。

 

小学生になると推理小説に夢中で、

「大人になったら小説家になるねん!」

と得意げに言っていた。

 

思春期になって周りが気になりだすと、

言えなくなった。

社会人になるともっと言えなくなった。

 

その後、鬱を患い、

夫に先立たれたりすると、

今度は人生を投げてしまって、

小説家になる夢はすっかり諦めてしまった。

 

でも密かに細々と書き続けていた。

 

ある時、自分が自分を

無意識に偽っていることに気がついた。

私が本当にしたいことは、

自分の考えや感情を

小説やエッセイで表現して、

共感を得ることだと気がついたのだ。

 

「自分を偽るのは止めよう!」

と私は意を決し

書き溜めた短編小説やエッセイを

小説投稿サイトに投稿した。

その時、作家名を書く必要があった。

 

「村川久夢(むらかわ くむ)」

というペンネームを付けた。

夢が久しく続いて欲しいという願いを込めた。

 

最初は小説投稿サイトで

村川久夢のペンネームを使い始めた。

 

次は思い切ってブログもツイッターも

表示名を村川久夢にした。

 

リアル友だちが多いfacebookでは

抵抗があって少し迷ったが、

本名から村川久夢に変えた。

 

ブログ、ツイッター、facebook、名刺、

セルフマガジン、

全部「村川久夢」に統一した。

 

初めてお会いする方には、

「鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピストの

村川久夢です」と名乗ってご挨拶した。

 

作家になりたい自分の夢に正直になって

つけた私のペンネーム。

ペンネームを付けるのは比較的簡単だった。

でもペンネームを名乗ることには、

大変な勇気が必要だった。

 

ペンネームを付けて約2年経った今、

私はペンネームの表札を作った。

薄っぺらな格安の表札だけれど、

これを玄関に掲げる意味は大きい。

 

私はついに世間に向けて、

「私は村川久夢です」

と名乗る気概を持ったからだ。

 

私が村川久夢を名乗った経緯を知る人は、

自分のことのように喜んでくれた。

冷やかしに来た人もいた。

でも何の関心もない人がほとんどだ。

 

でも私は村川久夢として一歩一歩進んで

実績を積み重ねるだけだ。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。