外の世界に出ていくことが怖かった~インナーチャイルドの解放~

私は自分の生活基盤がある

コミュニティから出ることに

強い恐怖と不安を覚えます。

おそらく祖母の影響だと思います。

 

私は幼い日、

プライドとしきたりだけにすがって生きる

祖母に支配されて生きていました。

祖母は自分の価値基準に合わないことは

一切許してくれませんでした。

 

祖母はいわゆる内弁慶でした。

自分の権力が及ぶ小さなコミュニティから

絶対に出ようとはしませんでした。

家族がコミュニティから出ることも

極端に嫌っていました。

 

外の世界に出て行くことは

「危ない!怖い!」

と口が酸っぱくなるほど私にも繰り返しました。

 

祖母に抵抗することは

完全にあきらめていた私は、

コミュニティから出ることは

怖いことなのだと信じ、

外の世界に行くことは怖いことなのだと

刷り込まれてしまいました。

 

なので京都市内の路線バスにすら

ほとんど乗ったことがなく、

高校受験の折に一人でバスに乗るのが

本当に大変で非常に怖い不安な思いを

したことを覚えています。

 

今でも私は極度の方向音痴で

知らない場所や遠い場所に行く時、

強い恐怖や不安を覚えます。

おそらく幼い日の刷り込みと

極度の経験不足から来ているのでしょう。

 

祖母の支配について話すと

「いつまでお祖母ちゃんのせいに

するつもり?!」

と言われることがよくあります。

 

でも得体の知れない

恐怖や不安等の生きづらさが、

無抵抗だった幼い日に

徹底的に支配されコントロールされ

刷り込まれたことから来ていることに

気づくまで本当に大変でした。

 

私はインナーチャイルドカードセラピーに

出会い書くことで自己表現出来ることを知って、

少しずつ自己改革して来ました。

 

来週、インナーチャイルドカードセラピーの

大切なセミナーが東京であります。

セミナーでは

インナーチャイルドカードセラピーの創始者

イーシャさんに会えます。

昨年一緒にセミナーを受講した

同期の仲間とも再会できます。

 

なのに妙な焦燥感や不安を覚えています。

セミナーで発表する緊張もあるのだと

思いますが・・・

 

「ああそうか!

私の中にはまだ遠くへ行くことが怖い

幼い私が居るんだな」と気がつきました。

まさしくインナーチャイルドです。

 

幼い日、祖母に支配コントロールされた

幼い私、つまり私のインナーチャイルドを

解き放つチャンスをくれたのは

インナーチャイルドカードセラピーでした。

 

そのセミナーに参加することで、

今も自分の中にインナーチャイルドが

存在することを感じることが出来たのです。

 

私のインナーチャイルドを解き放つことは、

私のライフワークであり、

その気づきを書くことも私のライフワークです。

 

遠くに行くことが怖い私から気づいた

私のインナーチャイルドと

私のライフワークでした。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。