試練の時を越えて新しい成長した姿に!

インナーチャイルドカードのオリジナルは

タロットカードです。

インナーチャイルドもタロットも

小アルカナと呼ばれるカードには、

スート(マーク、紋評)があります。

 

ワンドスートのマークは、

タロットでは「棒・杖」ですが、

インナーチャイルドでは「蝶」です。

*タロットのワンドACE

 

*インナーチャイルドのワンドACE

 

私はインナーチャイルドでは、

ワンドスートのマークが「棒・杖」ではなく、

「蝶」であることに感慨を覚えます。

 

蝶は幼虫からサナギ、

サナギから蝶に脱皮し変容します。

幼虫からサナギに、

サナギから蝶に変容する時は、

節目を越えるためのエネルギーが必要であり

試練の時であるように感じます。

 

でもその試練の時を越え時、

今までの姿からは大きく変容し、

成長した新たな姿になれるのです。

 

インナーチャイルドカードセラピーの

創始者イーシャ・ラーナーさんは、

ワンドスートに対して、

このようなことを書かれています。

 

「私たちの一人ひとりの中で、

この創造的な変容は生涯を通して

何度も何度も比喩的に起こるのです」

 

「人は生涯に何度も何度も脱皮して

変容するのだ」ということを象徴するために、

イーシャさんがワンドのマークを

蝶にされたように私は感じています。

 

脱皮して変容する時というのは、

パワーが必要な試練の時であるけれど、

試練を乗り越えた時には、

新しい成長した姿になれるのだと思います。

 

ワンドのカードが出たら、

脱皮して変容する時が来ていることを

カードが教えてくれているのです。

 

*ーーーーーーーーーー*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。