健康は自分で汗を流して得られるもの・・・

事情があってヨガ教室を休会し約1年半、

全くヨガをしなかった。

運動不足でジリジリ太り、

身体も硬くなっているのを感じていた。

焦りを感じたけれど全く練習しなかった。

 

 

今年の6月、父が圧迫骨折で倒れた。

完全に寝たきり状態だった父を

10日間介護した。

たった10日だったがヘトヘトになった。

その時、自分に元気をつけるために

ガツガツ食べていた。

 

 

その後、父は入院して

介護の負担は楽になったけれど、

食事量は同じだった。

 

しかもその頃、

精神安定剤を断薬したことから

睡眠障害に陥り父の病院に行く以外は

引きこもり状態だった。

当然、加速がかかったように太った。

身体のあちこちが痛かった。

ある日全身が映る鏡を見て、

自分のあまりの太りようにぎょっとした。

 

ちょうどその頃、最近ファンになった

イケメン男性5人のコーラスグループ

「純烈」の番組を見ていた。

番組の中で「純烈」のメインボーカルである

白川裕二郎さんのコメントにハッとした。

 

白川さんはいつも

パワーブレス(肺活量を増強させるグッズ)、

ダンベル、筋力トレーニング用のゴムを

常に携帯してトレーニングしていると

言われていた。

 

「41才はこういうことをしないと

体型を維持できないんです。

日々の努力、それが一番大事!」

とも言われていた。

 

白川裕二郎さんは身長185cmで

運動能力抜群のイケメン男性だ。

*私の向かって右が白川裕二郎さん

 

「持って生まれた容姿が優れている

白川裕二郎さんのような人でも、

常に努力しないと

体型を維持できないんや!」

とものすごく驚いた。

 

「日々の努力が一番大事!」

 

それから食事内容を見直した。

ハイカロリーな揚げ物等を避け、

野菜を意識的に取るようにした。

お菓子やアイスクリームを食べるのは止めた。

 

夕食後、2時間以上経ったら、

「純烈」のミュージックビデオを見て

モチベーションを高めながら、

ヨガをするようになった。

 

身体はガチゴチだけれど、

4年間一生懸命にヨガを習ったので、

練習を始めると、

それぞれのポーズの大切なポイントを

思い出せた。

ポイントを意識すると

しんどいし汗だくになるけれど、

身体が芯から伸びて気持ちが良いのだ。

 

 

*一番一生懸命ヨガをやっていた頃

 

シークエンスを書き出す時に、

本に書かれていた

アイアンガーヨガの創始者

アイアンガー先生の健康に関する言葉に

久しぶりに触れた。

 

「健康はお金で買える商品ではない。

汗を流して獲得するものである」

 

 

まだ練習を再開して2週間少々、

身体はあちこち筋肉痛だらけだけれど快適だ。

 

「健康は日々の努力、そして、

自分で汗を流して得られるもの・・・」

 

そんなふうに思う今日このごろだ。

 

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。