自分を責めないで!

インナーチャイルドカードセラピーの

セッションでとても良いカードを引いたのに、

クライアントが置かれている状況によって、

良いカードを引いたことを

素直に受け入れられない時があります。

 

「良いカードを引いたのに、

私はそれを信じられないわ。

私はなんてネガティブなんでしょう。

だから私はダメなんです・・・」

 

そんな風に自分を責めて

落ち込まれることがあります。

 

そのクライアントはとても辛い状況にあって

疲れ切っておられるのだと思います。

マイナスな出来事を

全て自分の責任のように

感じられているのだと思います。

自分を客観的に見る余裕を

失っておられるのです。

 

真面目で責任感の強い人は

そうなりやすいように感じます。

 

自分を責める自分は、

誰よりも辛く厳しく自分に当たります。

一刻の猶予も与えず自分を責め続けます。

ボロボロでヘトヘトになってしまうくらいに。

 

自分を責めて

苦しんでおられるクライアントを見て、

私はあるエピソードを思い出しました。

 

私は夫に死なれて鬱が悪化し

一日中寝てばかりいた時期がありました。

高齢の父が私の面倒を見てくれました。

その時、私は高齢の父に世話をさせて、

寝てばかりいる自分が

本当に情けなく自分自身を

責め続けていました。

全てが自分の責任のように感じ

罪悪感に苦しんでいました。

 

その時、父がこう言ってくれました。

 

「眠たかったらなんぼ寝てもええんやで。

眠れへんより眠れる方がええんと違うか?」

 

私は涙が出るほどありがたいと思いました。

本当にほっとしました。

眠って疲れ果てて病んでいる心を

休めることができるなら、

ぐっすり眠ろうと思えました。

後ろめたさや罪悪感から救われました。

私は数ヶ月こんこんと眠り続け、

やっと深い絶望感から立ち直りました。

 

自分を責める自分に苦しむ時、

罪悪感に悩む時、

父が私に言ってくれた言葉を

自分が自分自身にかけてあげるべきだと

思います。

 

「眠りたい時は眠ったらいいよ」

「休みたかったら休んだらいいんだよ」

 

自分を責め続けて

疲れ果てている自分に

ねぎらいの言葉をかけてあげてほしいのです。

 

良いカードを引いても

ネガティブにとらえてしまうことも、

その時の気持ちの反映です。

なぜ、良いと思えないのか、

考えることで少し自分を客観視できますよ。

 

だから決して自分を責めないで!

 

自分に向ける刃は

何よりも鋭く自分を傷つけてしまいます。

自分をねぎらってあげてください。

自分に責められ続けて疲れ果てている

自分の心をいたわってあげて下さいね。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。