私が純烈ファンになったわけ~だれも聞いてへんけれど^^;^^;^^;^^;~

私、クールなコーラスグループ純烈の

にわかファンになったんです。

私は妙に冷めていて、

アイドルにキャーキャー言ったこと

ないんですね。

だからなんでか自分でも不思議です。

 

私も人並みに10代、20代の頃は、

テレビを見たりして、

好きなミュージシャンもいたんですが、

結婚した頃から

テレビをほとんど見なくなりました。

夫が巨人ファンだったので、

プロ野球とニュースしか見ていませんでした。

 

父とふたり暮らしになってからは

それに拍車がかかり、

正午と夕方6時のNHKニュースしか

見なくなりました。

 

ある日、父が入院して一人で寂しいので

テレビを見ました。

NHKBSの歌番組でした。

前川清さんが素敵なコーラスグループと

歌っていました。

それがすごく印象に残ったのです。

偶然、再放送を見る機会があって、

クールなコーラスグループが

純烈であることを知りました。

それがにわかファンになったキッカケでした。

 

今日コンサートに行って、

純烈にノスタルジーや懐かしさを

感じたんですね。

不思議です。

 

帰りの電車に揺られながら、

コンサートで歌われた曲でもないのに、

鶴岡雅義と東京ロマンチカの

「小樽のひとよ」が頭に流れたんです。

何度も何度も。

 

それと同時にある光景が浮かびました。

私が小さい頃、母が扇子に糸を掛ける

内職をしていました。

その時、母がいつも

鶴岡雅義と東京ロマンチカの

LPレコードを聞いていました。

まだCDではありませんでした。

母はムード歌謡が好きだったのか、

クールファイブや石原裕次郎のLPも

よく聞いていました。

 

私は母の内職の手伝いもよくしていました。

LPの曲が終わると

違うレコードをかけるのは私の役目でした。

だから、同世代の少女たちが

好む音楽ではなく、

親の世代の曲に

慣れ親しんでいたのだと思います。

だから純烈にハマったのでしょうね。

 

でも純烈は私にとって

今まで知らなかった新鮮な魅力があるんです。

純烈はメンバー全員がクールなイケメンで、

歌もダンスもうまいのです。

ザ・タイガースにも、

フォーリーブスにも(古い!)、

郷ひろみにも、西城秀樹にも、

野口五郎にもはまらなかったのに^^;^^;^^;^^;

酒井一圭さん

 

*白川裕二郎さん

 

*友井雄亮さん

 

*小田井涼平さん

 

左:後上翔太さん 右:白川裕二郎さん

 

いや~この歳になって初めて

素敵なアイドルにキャーキャー言う気持ちが

わかりました。

 

ボイストレーニングに通い始めたり、

一人カラオケにハマったり、

純烈のにわかファンになったり、

「どうしたいの私?」状態ですが、

とっても楽しいです(^^)/

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。