夏の香り~祖母の畑のもぎたてトマト~

プランターのプチトマト栽培に

挑戦したことがあった。

苗を植えるとトマトは順調に育ち、

赤い実が綺麗に実った。

 

わくわくしながら、

プチップチッと赤い実をもいだ。

プランターのトマトをちぎると、

プチップチッ心地よい感触がした。

茎からトマトをもぐと夏らしい香りが漂った。

 

不意に幼い夏の日のことが

思い出された。

母方の祖母に連れられて

畑に夏野菜を取りに行った時のことだ。

 

母の実家は琵琶湖の干拓地にあり、

今はかつての面影は全くないが、

私が幼い頃、田舎の家の周囲は

見渡す限り水田が広がっていた。

はるか遠くに琵琶湖の松林が見えて、

なんとも郷愁をそそる風景だった。

 

夏の日、幼い私は祖母に連れられて、

畑のなんばや茄子や胡瓜と一緒に

トマトをもぎに行ったことがあった。

 

都会育ちの私は、

笊に盛られて八百屋の店先に並ぶ

野菜しか知らなかった。

 

祖母が畑で栽培している野菜と

八百屋の野菜が一致せず、

とても不思議に思えたことを

今でも覚えている。

 

トマトが夏の太陽を浴びて、

大地から生み出されることを

私は初めて知ったのだ。

 

その頃、私はトマトが大の苦手で、

祖母が畑で収穫しているトマトの匂いに

閉口したことも一緒に思い出された。

 

それはかぎなれない

自然の香りだった。

 

幼い夏の日を思い出しながら

プランターのプチトマトをもぐと、

そこそこの量になった。

と言っても小さな笊に八分目程だったが。

 

熟れてはじけそうなプチトマトを

一つ口に放り込んでみた。

濃い味がした。

幼い日に母の実家で食べたトマトの味が

鮮やかに甦った。

 

トマト嫌いだった私も、

嗜好が変わったのかいつの間にか

トマトも好んで食べるようになった。

 

おままごとのようなプランター栽培の

プチトマトだけれど、

それでも初収穫のプチトマトは、

しっかりと夏の香りを漂わせ、

私をしばし幼い夏の日に誘ってくれた。

 

小さな家で人形のように暮らしていた

幼い私が強烈に感じた夏の香りだった。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。