“May I help you?”で頑張ろう!!

京都は国際的な観光都市なので

外国人旅行者に出会うことが大変多い。

地図を持ち宿や目的の観光地を探している

外国人旅行者の姿をよく見かける。

 

少しは英語が分かることや、

オンライン英会話スクールで

勉強していることも手伝って

困っている旅行者を見かけると

”May I help you?”

と声をかけるようにしている。

 

老眼で地図がよく見えなかったり、

英語圏の方ではなくて、

お互いあやしい英語で四苦八苦したり、

英語は通じても

肝心の目的地がよくわからなかったり、

上手く通じないことがあっても、

大抵はよろこんでもらえて、

ちょっと得意な気持ちになったりする。

 

ある時、ドラッグストアの店員さんが

欧米人らしき女性の対応に

困っている場面に出会った。

私は、そこがドラッグストアであることを

考えないで

”May I help you?”

と声をかけた。

 

外国人女性の話しで、

下痢をしているので整腸剤が

欲しいことがぼんやりわかった。

「下痢をしていて、

整腸剤がほしいのですね?」

と確認しようにも、

下痢も整腸剤も腸も英語で

なんと言えばいいのかわからなくて困った。

 

自分の分かる範囲の単語で確認して、

店員さんに症状を伝え、

店員さんは症状にあった薬を

外国人女性に勧められていた。

 

でも、私は冷や汗ものだった。

 

後日、オンライン英会話の先生に

その話をすると先生は、

 

「久夢、あなたはいいことをしたのよ。

私の生徒が進んで外国人の助けを

してくれたことを私は誇らしく思いますよ」

 

と言って下さった。

 

以前は英文エッセイを書くために

勉強していた。

でも、最近は明るくフレンドリーな

フィリピン人の先生とのおしゃべりが

楽しくてチャット感覚で勉強している。

 

楽しく英語学習に臨むことで、

“May I help you?”

と話しかけることに抵抗が少なくなった。

 

英語を勉強していてよかったなと思う。

 

これからも

”May I help you?”

で頑張るとするか~♪♪

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。