プライドやしきたりにすがっても決して幸せにはなれない

「お母ちゃん(祖母)はマルタ(本家)の

出(で)やというプライドがあったさかい、

厳しかったし気難しかった・・・」

 

今日、父がぽつりとつぶやいた。

 

私の高祖父太蔵は

商売で成功し財を成した。

曾祖母の小せうは、

「この子が男だったら」

と太蔵が悔しがったほど

商才のある女性だったと言う。

 

残念ながら時代は、

女性が才能を発揮できる時代ではなく、

曾祖母小せうは他家に嫁いだ。

 

ほどなく小せうは離縁され、

男兄弟の家作の管理や魚の行商で

生計を立てていた。

祖母志きは勝ち気で

曾祖母小せうゆずりの器用で商才あふれる

少女であったらしい。

 

曾祖母小せうの男兄弟の娘たち、

つまり祖母にとっての従姉妹は、

きれいな着物を着て

女学校に通うお嬢さんだった。

 

祖母は質素な着物を着て、

小学校を卒業する頃には、

曾祖母に代わって

家賃の回収を手伝うなどして、

曾祖母を助けていたらしい。

 

質素な着物を着て

小学校しか出ていなくても、

親に綺麗な着物を着せてもらい、

女学校に通わせてもらう

従姉妹たちには負けない!

 

勝ち気な祖母は

口には出さなかったけれど、

従姉妹たちへの並々ならぬ対抗心が

あったと父から聞いている。

 

祖母にとっては、

「自分は太蔵の孫でマルタの出だ」

というプライドだけが、

心の拠り所だったようだ。

 

やがて祖母は腕の良い髪結いになり、

東本願寺前にある小さな旅館を

買う話しがでるほど経済力もあった。

 

後に家族を支配し

コントロールした祖母にも

複雑なバックグラウンドがあったようだ。

 

でも、私が覚えている祖母は、

小さく縮こまり暗くて

少しも幸せそうではなかった。

自分がしがみついて来た

プライドやしきたりに

祖母自身が圧迫されていたのだと

今は思う。

 

祖母の生き方を思う時、

プライドやしきたりに

しがみついて生きることの愚かさを、

身を持って感じる。

 

祖母が生きたのは100年以上前の

明治時代だけれど、

私の生きづらさの元凶である

祖母の生き方を

ふり返る意味は私には大きい。

 

プライドやしきたりにすがって生きても

自己満足だけで決して幸せにはなれない。

 

祖母の支配やコントロールから

私自身を解き放つためにも

私は祖母の生き方について書こうと思う。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。