妬ましいという感情が動いた時は?

先日、あるテレビ番組を見ていたら、

ある人気タレントさんが、

 

「飲み会とかで唐揚げが出てくるじゃない。

レモンが添えられているでしょ?

あのレモンを

『レモン絞りましょうか?

お嫌いじゃないですか?』って言って

レモンかける女いるじゃない?

私、ああいう女大嫌いなの!!!

『私って気が聞くでしょ~!』って

無言でアピールしているのよ!!

レモンかけたきゃ自分の分だけ

かけりゃいいのよ~!!!!!」

 

とすごい勢いで

気を利かせた女性に対する

反感や嫌悪感をアピールしていた。

 

なんだか嫌な気がした。

 

そのタレントさんは

頭が良くて面白いと思うけれど、

その発言は嫌だった。

 

「私はレモンをかけてほしくない。

かけたい人は自分でかければいい」

と思うなら、その場でそう言えばいい。

 

レモンをかけるかけないだけならば、

そんなに反感や嫌悪感を

全開にする必要がないと思うのだ。

 

きっと、そのタレントさんのなかに、

「本当は私の方がもっと気が利くのに」とか

「私も気が利くと思ってほしい」

という気持ちが働いているのではないかと

思った。

「妬みかな?」と私には思えた。

 

自分が常々やりたいと思っていて

出来ずにいることを、

楽々とやっている人を見ると、

羨ましさや妬ましさという感情が働くのだろう。

 

そのタレントさんの発言が嫌だと私は感じた。

 

でも、同じ番組を見ていた弟は、

「僕はレモンをかけてほしくないな~」

と言っただけで、

妬みの感情には全く反応しなかった。

 

そのタレントさんの

「レモン発言」を嫌だと感じた

私の感情の裏側にあるものが気になった。

 

そのタレントさんと自分の姿が

ダブったのだと思う。

 

「本当は私の方が気が利くのに!」

「私だって気を利かせられるのに!」

と反感や妬ましさを感じるとストレスがたまる。

 

私もストレスを溜めて

イライラするタイプだったので、

「レモン発言」のタレントさんの気持ちがわかる。

 

でも、ある出来事あって、

妬ましさでイライラするのが

不毛なストレスであることを痛感した。

それ以来、

「妬ましい」という感情が動いた時には、

「ああ、私は羨ましいねんな~」

と素直に自分の気持ちを認めるようになった。

 

「羨ましい」という感情が動いた時、

それに素直になれる人は

ストレスが少ないと思う。

 

気を利かせてレモンをかけてくれた人に、

「ありがとう。気が聞きますね。

私もあなたみたいに気が利くように

なりたいです」

と素直に言えると思う。

 

仮にレモンをかけてほしくなかったとしても、

「レモンは各自が好き好きにしたら

いいと思うよ。

でも気にかけてくれてありがとう」

と言えると思う。

 

「妬ましい」と言う気持ちが動いた時は、

その裏側にある自分の気持ちを

受け入れてあげよう。

そして自分の願望に素直になろう。

 

そうしたらもっと素直な気持ちで

毎日を楽に生きられると私は思う。

 

<関連記事>

もっと「私」をアピールしてもいいのかも

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。