上手に育てたな~

父が倒れて1週間たった。

 

今日はベッドで身体を起こすのが

しんどい様子だった。

洗面、食事、紙パンツの取替すべて

ベッドで横たわったまました。

 

身体を起こせないのは、

腰が痛いためのようだ。

 

比較的体力はあって、寝返りを打ったり、

身体を上下したりはできる。

 

食欲もあり、朝食はゼリー、

昼食はゼリーとミニアンパンとミルクコーヒー、

夕食はゼリーとおじやだった。

 

一日中寝ているので、

昼夜の感覚がなくなって、

呼ばれて行くと、

「今は、昼か?夜か?」と聞かれたりする。

 

でも、それは口実で本当は寂しいようだ。

 

洗面、食事、パンツの交換の時は、

 

父:すまんな~

私:優しい娘で良かったな

父:ホンマや~

私:上手に育てたな

 

という会話が定番になった。

会話しながら笑ってしまう。

 

夜中に起こされるのは閉口だけれど、

父の様子はそんなに深刻ではないので、

案外気楽に寝ていたりする。

 

不思議にそんなに深刻な気分ではない。

 

母がパーキンソン病で寝たきりだった時は、

父が母の介護をしていた。

私は鬱が酷くてほとんど何もできず、

父に任せっぱなしだった。

 

母の病状も深刻だったし父も疲れていた。

夫は、「おまえの親やししかたないやろ」

と言って全く協力的ではなかった。

 

私は罪悪感でいっぱいで

追い詰められていた。

毎日、家族から逃げる夢を見た。

 

まだ1週間だからかもしれないけれど、

今、私は案外気楽にしている。

弟もいてくれるし。

 

父と「明日は何を食べようか?」

とか気楽に話している。

 

今日、弟がスーパーに鰻を

買いに言ってくれたけれど、

鰻は売っていなかったらしい。

鰻の晩ごはんはまだ実行されていない。

 

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。