些細なことで親子3人笑いました~!

父が倒れて6日経ちました。

 

昨日は積極的に父に水分補給をさせ、

バナナカステラでしたが、

固形物も食べさせました。

 

一時、父の症状は悪くなる一方で

とても不安でしたが、

積極的な水分補給のおかげなのか、

たとえ少しでも固形物を食べたからか、

今日の父は落ち着いていました。

 

好物のミニアンパンと

甘いミルクコーヒーの朝食を取っていた父が、

「今日は鰻と違うんかいな?」

と昨夜私と話したことを覚えていました。

 

ちょっと食欲も出てきたようです。

 

でも、今日の夕食はうなぎ丼ではなく、

私が作った木の葉丼でした。

 

私と弟は先に食事をして、

二人で父の食事の介助をしました。

 

木の葉は父が食べやすいように、

少し汁を多めにしました。

 

父はベッドに腰掛けて、

弟が父を支えて、

私が父に木の葉丼を食べさせました。

 

父は、腰が痛いようでしたが、

食欲はあって美味しそうに木の葉丼を

食べました。

 

「すまんな~おおきに~かんにんやで~

いたた~!腰痛い!

息子!腰さすって!もっと右!

そこと違う!上や!」

 

と木の葉丼を食べながら

弟に擦る場所を指示する父。

 

「美味しいか?」

と私が尋ねると、

 

「美味しいけどスプーンが小さいな~」

と文句を忘れずに口を動かす父。

 

「オトーチャン、忙しいな」

と弟が言うと、

 

「ホンマや、そやけど、

娘も息子も孝行な子でありがたや~

南無阿弥陀仏(なまんだぶつ)~」

と手を合わせて拝む父。

 

「オトーチャン、優しい息子と娘やろ~」

と私、

「親の教育がええからや~」

と弟、

「ホンマやな~」

と父、

 

動けなくなった父を娘息子で介護する

ある意味深刻な場面ですが、

なんだか3人とも可笑しくなって、

声を出して笑いました。

 

明後日は、ケアマネジャーさんが来て、

近所にあるデイケアサービスの

使用の話しをすることになりました。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。