優しい娘で良かったやろ?

父が倒れて4日目の朝、

父の部屋に行くと

父がベッドで起き上がって腰掛けていた。

でも、私一人では父を支えて

歩かせることは出来なかった。

 

下着が尿で濡れていたので下着を換えた。

 

洗面器、水を入れたコップ、

歯磨き粉をつけた歯ブラシを持ってきて、

父の洗面を手伝った。

 

「ミーヤンも、

こういうことできるようになったんやな~」

 

と父がしみじみ言った。

ミーヤンというのは私の幼い頃のあだ名だ。

 

「優しい娘で良かったやろ?」

と私がふざけて言うと、

 

「ほんまやほんまや~」

と父が深くうなずいた。

 

昼過ぎに弟が来てくれた。

紙パンツや水分補給のドリンク等

を買ってきてくれた。

その足で区役所に相談にも行ってくれた。

 

父は自力でベッドに起き上がったり、

支えてもらえば立つことは出来る。

でも、今は腰が痛くて歩けないと言う。

 

会話もそこそこしっかりしている。

 

吐き気などはなく、

バナナカステラや甘いコーヒー牛乳等は、

美味しいと言って食べる。

 

ちょっと落ち着いたら回復するようにも感じる。

 

 

父が安定する前に

自分がへばったらあかんよなと思って、

自分や弟もしっかり水分補給して、

しっかり食事も取った。

 

父は全く食べられないわけではないので、

明日は親子3人で

好物の鰻でも食べようかな。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。