もっと「私」をアピールしてもいいのかも

「私が~と思ってあげて~」

「私が~してあげて~」

「私が~してあげてもいいと思って~」

「私が~してあげられなくて~」

 

私、私、私、私~!!!!

苦手なんですよね・・・

こういう「私様」・・・。

 

「私様」は悪気なく無邪気でなんですね。

でもそれだから尚さら苦手です。

 

きっと「私様」は自分を

「私は思いやりがあって、優しくて、

人のために動いてあげられて、

私ってなんていい人なのかしら~!」

と思っておられるのでしょうかね・・・。

 

でも実は私(久夢)も昔、

「自分を優しいと思っている人は危険だ」

「自分をいい人だと思っている人は迷惑だ」

と激しく攻撃されたことがありました。

 

その時、私は自分を優しいともいい人だとも

思っていませんでした。

 

かぎ針編みが好きなので、

かぎ針編みの作品を友だちにプレゼントしたり、

手助けを必要としている人を

手伝ったりすることは好きでした。

 

「それは嫉妬よ」

事情を知った友だちがそう言いました。

 

自分も人に親切にしたい。

自分も人の役に立ちたい。

でも、出来ずにいるジレンマが

私を攻撃した人に

あったのかも知れません。

 

私が強い不快感を持つ「私様」は、

無意識に「私」をアピールしています。

 

「私が~と思ってあげて~」

「私が~してあげて~」

「私が~してあげてもいいと思って~」

「私が~してあげられなくて~」

 

強く自分をアピールできない私のジレンマを

「私様」が刺激するのかも知れないですね。

 

私ももっと自分をアピールしても

いいのかもしれないです。

人から認めて欲しいという気持ちに

素直になればいいのかもしれないです。

そんな気持ちを自然に

受け入れられない自分も自分だと

認めてあげればいいのです。

そして「私様」を不快に感じる自分を

押さえつけなければいいのです。

 

私自身がもっと自分を受け入れて、

もっともっと自分を

アピールしたらいいのだと感じました。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。