まず一歩踏み出して言い訳人生にサヨナラしよう!

先日、ひらりんこと平原美津代さんのブログ

 

【「準備をしてから」もっと勉強してから

と言い訳をして動かない人は

私たちを見習ってください】を読みました。

 

とっても共感しました。

 

私もひらりんのインナーチャイルドカード

セラピーの先生ラファエラさんの生徒です。

 

私もインナーチャイルドカードの

メインカードである大アルカナ22枚の

レッスンが終わった後すぐに

大アルカナカードでモニターセッションを

始めました。セラピスト養成講座受講中の

2016年の12月頃でした。

 

当時、私は心療内科のデイケアに

毎日参加していたので、デイケア仲間が

クライアントになってくれました。

 

モニターセッションとは言え、

人にセッションをするので

ものすごく責任を感じ緊張して、

初めてのセッションではカードを持つ手が

震えたことを覚えています。

 

人にセッションすると

「このカードはどういう意味だったか?」

「この人のカードの印象を

どうリーディングするか?」など、

カードの知識が深まり、

自分のものになって行くのを感じました。

 

クライアントがセッションで明るい表情になり

元気になって行かれるのも励みになりました。

 

勇気を出して実践することで自信が生まれ

実践の中で知識の必要を感じ、

学習も深まりました。

 

おそらく100名様以上

モニターセッションさせてもらったと

記憶しています。

 

また、セラピスト養成講座が

終盤に差し掛かると、認定書をもらったら、

すぐにプロとして活動できるように、

自力で自宅の一室をサロンに改装しました。

 

私がラファエラさんのセラピスト養成講座に

入った頃、ちょうどラファエラさんは

かさこ塾に入塾され現役の塾生で、

私はラファエラさんがどんどん活動的に

変わっていかれるのを

目の当たりにしていました。

 

ラファエラさんの影響で

かさこさんのブログを読むようになり、

かさこ塾に入ることを決めていました。

 

2016年3月28日に

待望の認定書をもらいました。

 

かさこ塾には、

その直後の4月7日に入りました。

必死だった私は、

かさこ塾の個別相談の時間に

かさこさんにプロとして活動したい気持ちを

伝えアドバイスをもらったことを覚えています。

 

プロとして有料セッションをするのは、

モニターセッションとは比べ物にならない程、

私には高いハードルでしたが、

4月10日に同期の塾生2人が

有料セッションを申し込んでくれました。

忘れられないプロデビューでした。

 

その後も、「準備をしてから」

「もっと勉強してから」と言い訳したい場面が

たくさんありました。

 

かさこ塾を4月に卒業し半年後の10月に

出展したかさこ塾京都フェスタ。

翌年の大阪フェスタもそうでした。

セッション料金を値上げした時もそうでした。

 

私は自分に自信がないくせにプライドばかり

高い言い訳大好き人間であることを

十分自覚していたので、

セラピスト養成講座受講中から

モニターセッションを積極的に行いました。

 

ペーパーセラピストにならないように、

自宅にセッションルームを用意したり、

かさこ塾に入り、かさこ塾の個別相談で

かさこさんに相談もしました。

 

私はどちらかと言うと当たり障りのない

小心な性格です。

できれば人にセッションする、

プロになると言う緊張や責任が伴うことから

逃げたいタイプでした。

 

でも、本気でやりたいことはできます。

人間は変われるのです。

 

もし私が、「『準備をしてから』

『もっと勉強してから』と言い訳をして

動かない人は私を見習ってください」

と言って見習ってもらうことがあるなら、

それは「勇気を出して実践すれば

人は変われる。

実践が自信をくれるから

まず一歩踏み出そう」と言うことです。

 

ひらりんといくらちゃんが、

認定書をもらってすぐに行動を起こした時、

心から偉いと思い拍手を送りました。

 

ひらりんはブログをこう締めくくっています。

何かを始めるのにまだまだダメな人なんて

ひとりもいないのです。

 

そうですよね。

まず一歩踏み出しましょうよ!

そして言い訳人生にサヨナラしましょうよ!

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。