おまえの親なんやから仕方がないやろ!~追い詰めないで~

 

私は90才の父と二人暮らし。

最近、親の老い、親の介護の問題が

ひしひしと身に迫るのを感じます。

今日はそんな私の気持ちを

率直に描いたエッセイです。

 

『おまえの親なんやから仕方がないやろ!

~追い詰めないで~』

 

<自分の親やから仕方がないやろ!>

「自分の親やから仕方がないやろ!」

と夫によく言われた。

母のパーキンソン病が進行して

重い介護が必要な時だった。

 

本当に心ない言葉だと今でも思う。

 

当時、私は重い鬱を患っていて

自分のことすらちゃんと出来なかった。

父が母の介護をしてくれた。

父は一人でたいへんだったと思う。

 

<親世代の老い>

母が亡くなって11年経った。

父は90才になったが、

90才という年齢のわりには元気で

自分のことは自分でしている。

 

でも、足腰が弱り、老人性難聴が進み、

記憶力が衰え、

自分で出来ないことが増えてきた。

 

足腰の衰えで父は一人で

外に出かけることが困難になり、

老人性難聴難聴と記憶力の衰えで

会話が成立しにくい。

顔を合わせると用事しか頼まれなくなった。

 

・入れ歯洗浄剤がなくなったし買うて来て

・部屋の電気の豆球が切れたしつけて

・差し歯が抜けたし歯医者に連れて行って

・目薬がなくなったし買うてきて

・味好み(菓子)がなくなったし買うといて

 

一つ一つの用事は些細なことだけれど、

妙に追い詰められたような気分になる。

 

<苛立ちと罪悪感>

今までは、

二世帯住宅に住んでいることもあって、

食事の時だけ顔を合わせて、

お互い気楽に暮らしていた。

 

でも、父の老いが進み、

だんだん介護の必要性が増してくると

本当にジリジリと

追い詰められた気分になってくる。

 

先日、忙しくて疲れている時に、

父の差し歯が抜けた。

夜遅くに父がリビングに来て、

歯科医院に連れて行って欲しいと言った。

 

私は疲れていて、

精神的に飽和状態になっていたのか、

父の頼みに

苛立ちがピークに達してしまった。

 

私は父を無視して部屋の電気を消して、

黙って寝室に行った。

苛立ちと罪悪感が混じった

とてもイヤな気分だった。

 

翌日、私が知らない間に、

父は黙って一人で歯科医院に行った。

 

申し訳ない気持ちと

やりきれない気持ちでいっぱいになった。

 

<追い詰めないで>

おまえの親やから仕方がないやろ!

といわれたら、その通りだ。

でも、わかってほしい。

いっぱいいっぱいの時だってある。

追い詰めないでほしい。

 

時々、テレビ等で

児童虐待や老人虐待のニュースを

見聞きするけれど、

背景には一人でどうしようもなく

追い込まれている母親父親、娘息子が

存在しているのではないだろうか?

 

確かに自分の親の介護だけれど、

お願い!追い詰めないで!

 

*----------*

*村川久夢

親の介護関連のエッセイ

『50代のお願い

~親お介護で愚痴った時、

お願いだから説教しないで~』

 

『説教のかわし方誰か教えて!

~自分が出来ないことを

人に強制するの止めてくれますか!~』

 

*----------*

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。