説教のかわし方誰か教えて!~自分が出来もしないことを人に強制するの止めてくれますか!~

こんにちは、57才なのに

説教されやすい村川久夢です。

 

<説教はホントありがたくない!>

説教する人は自己満足なのか、

良かれと思ってしているのか、

真意はわからないですが、

説教は本当にありがたくないですね。

 

特に本当に困りきって、

つい愚痴った時に、

正論をかざして説教されると、

本当にうんざりします。

時には深く傷つきます。

 

それは私の昨日のブログ

50代のお願い

~親の介護で愚痴った時、

お願いだから説教しないで~」

を読んで共感して頂いた方の

多さからもわかります。

 

<重い鬱で苦しむ私への

ありがたくない言葉>

私の父は90才でも

比較的元気で過ごしていますが、

母は60代でパーキンソン病を発症し、

病気が進行すると

自力では何もできなくなりました。

 

当時、私は重い鬱で

自分のことすら十分にできず、

母の食事、着替え、用便等、

母の世話は全て父がしてくれていました。

 

その時によく

「ありがたいな、久夢ちゃん!

お父さんに感謝せなあかんえ!

あんたも鬱やから言うて、

部屋に引きこもってばっかりではあかんえ!

もっと外に出て運動せな!

それに病は気からって言うで!

年いったお父さんにばっかり

お母さんの世話させんように

あんたも頑張らなあかんわ!

 

というようなことを言われました。

本当に深く傷つきました。

 

<愛する人を亡くした人に

こんなことがなぜ言えるの?>

夫が亡くなった後、

「いつまでもメソメソしてたらあかんえ!

そんなことでは亡くなったご主人が

成仏できひんえ!

旦那さんは残念やったけれど、

寿命やと思って諦めなしゃあないえ!

◯◯さんも△△さんも

ご主人亡くしても頑張ってはる。

あんたも頑張らなあかんし!」

 

というようなこともしばしば言われました。

「二度と来んといて!!

顔も見たくない!」と思いました。

 

<説教する人は苦労の実情を知らない>

思うのですが

説教する人は案外苦労の実情を

知らないですね。

だから、苦労の実情からは程遠い

「正論」を振りかざして説教をするのです。

現場の苦労を知っていたら

正論なんて振り回せないです。

「正論」だけど心ない説教なんて

できないはずなのですよね。

 

私はなぜか度々説教されます。

説教された時に

こう言ってみたいものです。

 

<自分が実際にやってから言って!>

「お言葉ですが!

今仰った通りにできたら

誰も苦労しないです。

一度あなたが実際にそれをやってみて

お手本を示して下さい。

それから言って下さい。

できもしないことを人に説教するのは

止めてくれますか!」

 

と言ってみたいものです。

勇気を出して

そう言うしかないでしょうかね?

 

ああ、どなたか

説教のかわし方を教えて下さい!

 

*----------*

村川久夢のエッセイは

こちらからお読み頂けます。

<エッセイ>

*ーーーーーーーーー*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。