もっと英語を勉強したら良かった!

「もっと英語を勉強したら良かった!」

と後悔したことはありませんか?

 

例えば、

外国の人に英語で道を尋ねられた。

自分の店に外国のお客様が来られた。

外国に行って食事や移動に困った。

共通の趣味を持った外国人の友だちと

もっと交流したいのに話せなかった。

 

そんな時、

「もっと英語を勉強したら良かった!」

と痛感すると思うのです。

 

勉強しましょうよ!

今からでも全然遅くないです。

 

でもその時、大事なことがあるんです。

それは楽しく学ぶこと

そして間違いを恐れないことです。

 

以前、ヨーロッパ系の飛行機に

乗ったことがありました。

若い女性が客室乗務員に、

“Excuse me. I am beer.”

と言いました。

ビールを飲みたかったのでしょう。

 

もちろん

” I am beer.“は

「私はビールです」なので、

おかしな表現です。

でも客室乗務員はちゃんと理解して

ビールを運んで来ました。

 

その女性はお礼を言って

寛いだ様子でビールを飲んでいました。

 

もしかすると後で、

「あ~” I am beer.“とか言ってしまった」

と冷や汗だったかもしれません。

 

でも、

「間違った英語を話したら恥ずかしい」

と間違いを恐れて黙っていたら、

ビールを飲めなかったでしょう。

 

「そんな時は何て言うのかな?」

とちょっと調べてみて、

「” Beer, Please.”でいいのか~!」

と知ったらその簡単な表現は

その人の身につくと思うのです。

 

道が分からないで困っている外国人に、

「ディス ストリート、ストレート、

ネクスト、ライト ライト!」

とゼスチャーを交えて、

必死で教えてあげた友人がいました。

 

道案内としては不十分かもしれません。

でも、私が外国人旅行者だったら、

英語がわからないからと知らん顔をせず、

知っている単語を総動員して

教えてくれたことに感謝したと思います。

 

役に立てれば、

教えてあげた友だちも

きっと嬉しいと思うのです。

 

道案内する時は

英語でどう表現するのだろう?

と思って調べ、

また次の機会にその表現を使えば、

それは身につく英語になると思うのです。

 

意思疎通が出来た喜びは大きいです。

これが友だちや恋人なら

大きなモチベーションになるはずです。

 

以前私が英文エッセイを投稿していた時、

「英文法をマスターしてから、

正しい英語で投稿されたい!」

と度々コメントする人がいました。

 

語学学習で文法は大切です。

でも、実際に会話やメールなどで

意思疎通しながら、

つまり実践しながら

語学力は向上していくのです。

 

文法書だけを勉強するのは楽しくないし、

なかなか続きません。

 

英検1級が採用基準の企業に

就職したいとか、

国際会議の通訳になりたい等の場合は

別ですが、

身近な場面で

英語で外国人と交流したい時は、

やっぱり楽しいことと

間違いを恐れないことが

一番大事だと私は感じています。

 

今はインターネットが普及しています。

外国人と交流するチャンスは

探せばたくさんあります。

リーズナブルな

オンライン英会話スクールもあります。

SkypeやZoomもあります。

 

「もっと英語を勉強したら良かった!」

と思っているあなた。

楽しく英語を勉強しましょうよ。

今からでも全然遅くないですよ。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。