「正解」なんてないんだ!~中川龍さんのタロット0マスター講座1日目~

今日は思考整理タロット占い師

中川龍さんの「タロット0マスター講座」

1日目でした。

 

講座に参加した理由は以下の2点です。

1、タロットを体系的に学ぶこと

2、講座に参加し

中川龍さんから思考整理タロットを

実践を通して学ぶこと

 

私が鑑定している

インナーチャイルドカードは、

タロットの1種です。

インナーチャイルドカードについては

セラピスト養成講座でカード1枚1枚を

セッション形式で丁寧に学びました。

 

でも、オリジナルのタロットについては

全く知識がありません。

私のインナーチャイルドの鑑定を

深めるために、

体系的にタロットを学びたいと思いました。

 

また、中川龍さんの講座を

選んだキッカケは龍さんのブログでした。

龍さんの鑑定で

相談者のモヤモヤしている意識が、

深く掘り下げられ整理される様子を

ブログを通して興味深く感じていました。

 

今回「タロット0マスター講座」が

大阪であることを知って参加したのです。

 

初日の今日、講座が始まってすぐに

とても印象的なエピソードがありました。

 

鑑定でカードをシャッフルする時、

私はいつも相談者にカードを

シャッフルしてもらいます。

 

今日の講座では

鑑定者がシャッフルされているので、

「タロットではそう決まっているのかな?」

と思い質問しました。

 

「どちらでもいいですが、

僕はあまり相談者に

シャッフルしてもらうことはありません」

という答えが返って来ました。

 

「私は相談者に

『今、自分が悩んでいること、

反対に望んでいること、

心に一番かかっていることを

カードに注ぎ込むつもりで

シャッフルして下さい』

と言ってシャッフルしてもらっています。

その様にシャッフルすることで

相談者の気持ちが

整理されるように思うので」

と重ねて発言しました。

 

その時の龍さんの答えは、

「そういうロジックがあるなら

シャッフルしてもらって下さい。

これが正解というものはありません。

久夢流でやって下さい」でした。

 

とても納得できました。

 

タロットの占い方は、

問を定めて、カードを引き、

そこから連想することが基本であると

学びました。

 

細かいルールは

流派や占い師の数だけあると言っても

言い過ぎではないようです。

「これが正解!」

と言うものはないのです。

 

実践練習では龍さんが

相談者の漠然としていた問をしぼってから、

カードのリーディングをされていました。

 

このやり取りがとても勉強になりました。

 

問を絞って問題を浮き彫りにして、

リーディングすることで、

カードのメッセージがより効果的に

相談者に届き

相談者の気持ちが

整理されるのを感じました。

 

問の定め方、カードの引き方、

そこから連想する方法に

決まったルールはないのです。

大事なことは、

いかに効果的に相談者の気持ちを

整理するかなだと思いました。

 

中川龍さんの「タロット0マスター講座」

1日目は基礎編でしたが、

とても大切なことを学ぶことができました。

 

今日学んだことを

自分のインナーチャイルドカードの

鑑定に生かしたいです。

明日も頑張ります!

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。