昔から決まっているから

私は前年度町内会の会計でした。

 

毎月の町内会費の集金と

帳簿付けが主な仕事でした。

 

町内は約20世帯ですが、

集金はけっこう大変です。

会計の負担を考えて、

大方の家庭は年払いですが、

月払いの家庭もあります。

 

これって本当に負担なんですね。

実際に集金に行くのも面倒ですが、

「毎月◯日になったら集金に行かなきゃ」

と思うのがしんどいのです。

 

中には集金が遅れたり、

行けない月があると町内会長さんに

苦情が行ったりする時がありました。

 

ますます集金に行くのが嫌になり、

何ヶ月も行きませんでした。

 

しぶしぶ集金に行くと、

「何ヶ月集金に来ていないか

帳簿を確認してから改めて来なさい!」

と言われました。

 

なぜそこまで言われる必要があるのか!

 

遂にキレて

「私は好意で来てあげているんです。

私が集金に来なかったら、

あなたが持って来たらどうですか!」

と言い返してしまいました。

 

その方は昔から町内に住んでいる方で、

「この町内は江戸時代から

町内会費は会計が

毎月各家庭を回ると決まっているんです。

昔からそういうしきたりです。

私も昔、散々やって来たんです」

と言われました。

 

「そんな昔のことを私は知りませんし、

私には関係ないです!」

と大喧嘩になってしまいました。

 

町内では高齢化が進み、

町内会の役員対象が年々減少しています。

3年程で役員が回ってきます。

役員の負担はけっこう大きいです。

 

「昔からそうだから」

「自分も昔やったから」と言う理由で、

状況に合わなくなった「しきたり」を

押し付ける組織って何なのでしょう!?

 

私は今住んでいる地域を

気に入っているし、

ご近所の方も良い方で住みやすいです。

ただ、町内会の役員負担が

嫌でたまらないです。

 

もう退会したいです・・・。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。