ほろ酔い

 

清少納言は

「春はあけぼの」が良いと言うけれど、

私は春の宵が好きだ。

まだ明るさの残る淡いグレーの空の頃が。 

 

桜の花びらと一緒に

吹いてくる風に吹かれていると、

心が高揚してくる気がする。 

 

先日、用があって出かけた。

用事を済ませると

ちょうどこの宵の頃だった。

少し肌寒かったが春風に吹かれて、

ちょっと寄り道でもしようと通りを歩いた。 

 

エスニック料理が食べたかったし、

ちょっとお酒も飲みたかった。

軽いお酒ではなく「ちょっと強いお酒」を。

 

ふらりと入ったのはバリ料理店だった。

一人だったのでカウンターに案内された。

アラックというバリ焼酎を飲んで、

常連客と店の女主人の会話を

聞くともなく聞いていた。 

 

なんだかとても快くお酒も進んで

2杯目のアラックを注文した頃には、

私も時々会話に加わっていた。 

 

カウンターには

数人の仕事帰りの男性がいて、

どの人も常連らしかった。

髪型、持ち物、話し方に

自分のこだわりが感じられる人がいた。

こだわりの強い私は

「その人」が気になった。 

 

「その人」とも時々言葉を交わしながら、

私は自分が「ほろ酔い」に

なっているのに気が付いた。

店に入ってずいぶん時間が過ぎていた。 

 

待ち合わせの時間つぶしに

店に寄ったらしい「その人」は、

約束の時間が近づいたのか、

店の人にあいさつをして、

席を立った。

 

それから私の方を向き、

「おやすみ」

と声を掛けて帰って行った。 

 

私もバリコーヒーを飲んで店を出た。

満開の桜の中を

しばらく歩いた。

とても快く気分が高揚していた。 

 

どこまでもどこまでも

歩いていたい快さだった。

 

春の宵は

人をほろ酔いにさせるのかも知れないと

私は思った。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。