感性~「愛の夢」と桜吹雪~

鬱にはいろいろ辛い症状がありますが、

感情が麻痺して

何も感じなくなったことは

大変辛かったのを覚えています。

 

楽しさも、面白さも、悲しさも

感じなくなりました。

呼吸困難になるほど笑えた

落語を聞いても笑えず、

毎週楽しみに見ていたドラマも

全然面白いと思えなくなりました。

好きだった音楽も

雑音にしか聞こえません。

好物も美味しく思えず、

何を食べても味がしませんでした。

 

先が見えないどんよりした苦しみ以外

何も感じなくなり、

周囲がモノクロになったように感じました。

 

病状は一進一退でなかなか良くならず、

前の主治医が

新しい薬を処方してくれました。

ところが、その薬が合わず、

私は激しい吐き気とめまいの症状に

悩まされました。

 

3月の下旬、ちょうど今の時期でした。

私はめまいと吐き気の原因が分からず、

次の診察まで2週間、

激しい嘔吐とめまいにひたすら耐えました。

 

次の診察で

新しい薬の副作用であることがわかり、

薬を止めると程なく吐き気とめまいは

治まりました。

 

副作用が出る前は

蕾だった桜がすっかり散って、

葉桜になっていました。

 

体調がやっと落ち着きほっとしたのか、

寝室の窓を開いて、

買ったままになっていた

クラシックのCDを聞いてみる気になりました。

 

CDの曲が

フランツ・リストの「愛の夢」になった時です。

私の頭にある光景が浮かびました。

 

おかっぱ頭の少女の私が、

桜吹雪に吹かれ、

サラサラの髪が風になびいていました。

物凄く気持ちよく感じました。

 

久しく感じなかった快さでした。

 

無感動の世界に居たので、

そのイメージと快さはとても印象的でした。

 

人は失って初めて持っていたものの

ありがたさがわかると言います。

あの時の私は「感性」を失っていました。

何も感じない苦しさは、

死にたくなるほどの重苦しさでした。

 

なので、「愛の夢」と桜吹雪のイメージは

鮮明で忘れることが出来ません。

 

ありがたいことに今は感性を取り戻して、

喜びも、楽しさも、悲しみも、怒りも感じます。

 

感じる心を当たり前だと思わずに、

感性を研ぎ澄ましたいと思います。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。