本気

私は一時真剣に

ニット作家になろうとしたことがありました。

 

かぎ針編みが大好きで、

朝も昼も夜も何かを編んでいました。

「もう少し、もう少し」

と編み続けて朝になったこともありました。

編み続けて、

腕や手が痛くなり

湿布をして編んだこともあります。

 

自分の編み物作品をSNSに投稿する内に

手芸仲間も出来ました。

だんだん、編むだけではなく、

手芸仲間のように作品を売ってみたい

と思うようになりました。

 

そして、私は彼女らと一緒に

手作り市に出店したこともありました。

私もハンドメイドは好きだけれど、

彼女らのハンドメイドに対する打ち込み方が

私とは全然違っていました。

 

彼女らはいい作品を作るだけでなく、

自分の作品の宣伝販売、

自分の人となりの発信、

自分のネットワークを

広げる努力をしていました。

 

彼女らは「本気」でした。

 

私は彼女らに刺激され、

エネルギーをもらいましたが、

「私はいいわ。

編み物はただ好きなだけでいい」

とあっさりニット作家になることは

あきらめました。

 

そのことに関して後悔は全くなく、

かぎ針編みは私の大好きな趣味です。

 

ニット作家になることをあきらめた後、

紆余曲折ありました。

しかし、ついに私は

自分の気持ちや考えを書いて発信し、

多くの人に読んでもらい共感を得たい。

そんな自分の本心に気がつきました。

 

ただ書くことが好きだから

書くのではありません。

自分が訴えたいテーマを絞り込み、

そのテーマが伝わりやすい表現を学び、

構成を練って一冊の本にまとめました。

 

*村川久夢エッセイ集

 

作品を書く努力だけでなく、

毎日ブログを書きSNSで拡散する、

様々な分野の人と交流し、

出会った方には

セルフマガジンや名刺を渡し

ご挨拶するようになりました。

 

*セルフマガジンvol.2

*セルフマガジンvol.3

 

「私は鬱・夫の死を克服した作家

村川久夢です。

よろしくお願いします」

とご挨拶できるようになりました。

 

人目や人の評価に応えるために

自分の本心を圧し殺す生きづらさ、

その結果、患うことになった鬱病、

誰もが避けて通れない愛する人の死、

私はそんな辛い出来事を書くことで

克服して来ました。

 

私が生きづらさ、心の病、

愛する人の死に苦しんでいた頃、

私は同じ苦しみから立ち直った人に

出会いたいと強く願いました。

そんな人をなかなか見つけ出せずに

孤独でした。

 

今、私と同じ苦しみに悩む人と

私の経験をシェアしたいと願っています。

私をすぐに見つけてもらえるように、

毎日ブログ発信をしています。

 

私にとっては決して楽なことではありません。

でも、やります。

今度は私も「本気」だからです。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。