100人の人の100通りの「普通」

「普通~やんな?!」

友人に愚痴を聞いてもらっていた時、

私はさして長くない時間内に

何度もそう言ったらしい。

 

友人に指摘されて驚いた。

知らない間に自分の「普通」を

人に押し付けていたようだ。

 

よく考えると夫が生きていた時、

お互いの「普通」が違っていて

よくバトルになった。

 

私は旅行が好きで

夫と外国にも何度か行った。

その度に「普通」の違いでケンカになった。

 

私の「普通」は典型的な貧乏旅行だった。

安いホテルに泊まって、

現地の人が行くレストランで食事をして、

移動は地下鉄や路線バスを使った。

観光地にも行ったけれど、

市場やスーパマーケットに行くのが

大好きだった。

 

夫の「普通」は典型的な大名旅行。

一流ホテルに泊まり、

アメリカ大統領が食事をしたという

有名レストランで食事をして、

専属のガイドについてもらい、

移動は一等列車やタクシー。

デモンストレーション付きの特産品の店で

土産物を買った。

 

だいたい私が旅行のプランを立てたので、

私たちの外国旅行は貧乏旅行だった。

夫は黙ってついて来てくれたが、

「もうちょっと良いもの食わしてくれよ~」

「タクシーに乗ろうや」

「こんな安物の土産を人に渡せへんぞ」

とこぼしていた。

 

私は「その土地の素顔に触れるのが

旅行の楽しさやん。

これが『普通』でしょ?」と思っていた。

 

一度だけ、夫の主導権で外国に行った。

確かに至れり尽くせりの旅行だった。

豪華なホテル、贅沢な食事、

快適な移動だったけれど、

ディープな旅行が好きな私は

何か物足りなかった。

 

夫は「どうや~飯は上手いし、

ホテルも豪華やし、

ガイドさんもいるから

ゆっくり楽しめたやろ?」と言った。

 

私が「うん、楽しかった。

でももうちょっと自由行動したかったな?」

答えた。

 

「何のために旅行に来てまで

しんどい思いするねん。

旅行はこれが『普通』やぞ」と夫が言った。

 

忙しい日常生活からしばし離れて、

至れり尽くせりの大名旅行で

自分もゆっくり寛ぎたかったのだろう。

私にもケチケチせずに

たまにはリッチな気分を味あわせてやろうと

思ってくれていたのかも知れない。

 

押し付けていたつもりはなかったけれど、

自分の「普通」を押し付けていたようだ。

 

夫が亡くなり学校勤めも辞めたので、

「普通」は100人の人がいたら、

100通りの「普通」があることに

疎くなっていた。

 

お互いの「普通」が違うから距離を置いて

付き合わないでいられる関係ならともかく、

それぞれの「普通」で

うまく付き合って行かなければならない

場合が多々ある。

 

自分の「普通」を固守して、

合わない人の「普通」をただ我慢するのは、

あまりにも疲れるし不毛だと思う。

 

自分の「普通」が通じない時、

相手の「普通」を不満に感じながら

我慢して付き合うのと、

相手の「普通」を理解して

付き合うのとでは、

関係が全然違ってくる。

 

夫との「普通」の違いが

浮き彫りになった外国旅行も、

夫の「普通」を我慢して付いて行くのと、

夫の「普通」を理解して付いて行くのとでは

旅行の楽しさがずいぶん違っただろう。

 

きちんと向き合って

つき合いたい相手ならば、

相手の「普通」を理解して、

良い関係を築きたいと思った。

 

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。