一途になりすぎると・・・

今、サマーセーターを編んでいます。

細い夏糸で

繊細な編地のウエアを編むのは、

かぎ針編みの醍醐味だと思います。

 

でも、細い糸と針で編むウエアなので

編んでも編んでもなかなか捗りません。

根気仕事です。

 

意識的にしているわけではありませんが、

細い夏糸でウエア等を編む時は、

太いアクリル毛糸で

アクリルたわしやコースターを

編むことが多いです。

 

細い糸で繊細で美しい編地を

編むことは楽しいですが、

長時間編んでいると

流石に飽きてきます。

 

そんな時に、

太いカラフルな糸でザクザク

小物を編むと、

あっという間に可愛い小物が完成し

達成感を味わえます。

 

その後、また細い夏糸に戻ると、

夏糸の編地の

繊細な美しさが魅力的に感じるのです。

 

小物を編むのは楽しいので、

けっこう時間を使っています。

小物によそ見しないで

サマーセーターにだけ集中していれば、

サマーセーターの進捗状況が

捗るというものです。

 

でも、飽きって怖いんですよね。

 

大物ばかり編んでいると、

達成できた部分をなかなか感じられずに、

だれて飽きてくるのです。

 

下手をすると編むこと自体が嫌になって、

シーズンを逃して越年させたり、

酷い時は未完成のまま

放置してしまったりするのです。

 

これって編み物だけではないですよね。

 

あまりにも何かに一途になりすぎると、

自分が見えなくなってしまいますよね。

状況を客観視する余裕を

失ってしまうと思うのです。

 

私は毎日ブログを書いて

SNSで拡散しています。

私は書いて表現し発信することが

心から好きです。

またSNSで交流することも好きです。

 

でも、ブログの毎日更新に

あまりに集中していると、

更新すること自体や

その反応に過敏になってしまいます。

そんな時、ブログやSNSの反応が

物凄く怖くなります。

 

私は現在のブログを始めるまでに、

続かなくなって途中放置した

ブログサイトが2つあります。

 

ブログを書くことがしんどい時、

パソコンは立ち上げないで

編み物をします。

 

ブログから離れて、

無心に編み針を動かしていると、

またブログで発信する良さが

わかってきます。

 

細い糸でサマーセーターを編んでいる時、

太いカラフルな糸で小物を編むと、

お互いの良さがわかって来るのと

似ていると思います。

 

心から何かに打ち込めることは

とても大切なことです。

でも、それと同時に

人生のアクセントとなるような

趣味を持っていることも大事だと思います。

 

趣味を楽しむ時間が、

自分を客観視する余裕を

与えてくれるからです。

 

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。