約束~信じて待つ~

約束を破る人っていますよね?

 

約束を破ったから

付き合うのを止める、距離を置く。

約束が反故になったことは

腹立たしく残念ですが、

割り切れる場合はまだマシかなと思います。

 

約束を破った相手が、

信じていた人、大切な人の場合は、

約束よりむしろ

信頼関係を裏切った人への

不信が辛いように感じます。

 

私が教員だった頃、

私はAちゃんという賢く愛らしい少女を

担任していました。

Aちゃんは中学生の少女には

重すぎるような複雑な家庭の事情を

抱えていました。

 

Aちゃんは高い能力を持ちながら

なかなかその力を発揮できず、

問題行動を繰り返す生徒のグループと

関わっていました。

Aちゃんは目立った問題行動は

起こさないけれど、

煙草を常用しているともっぱらの噂でした。

 

Aちゃんは担任になった私に

少しずつ家庭の事情や自分の辛い思いを

話してくれるようになりました。

 

私はAちゃんとできるだけ話すようにし、

Aちゃんの気持ちを聞きました。

就学援助などの相談もし、

一緒に勉強もしました。

 

ある時、Aちゃんは

煙草を吸っていたことを認めて、

「もう煙草は吸わない」

と私に約束してくれました。

 

Aちゃんの表情が少しずつ明るくなり、

定期テストの点数も上がり始めた矢先、

Aちゃんは数人の男子生徒と

煙草を吸っているところを見つかり

補導されました。

 

連絡を受けてそこに行くとAちゃんが

「村川先生、私、吸っていません!

お願い信じて!」

と悲壮な表情で私に訴えかけました。

 

煙草の吸い殻のなかに

口紅がついた吸い殻が混じっていました。

 

職員室に帰ると、

生活指導係の同僚に

「村川先生が甘いから

Aがつけあがるのですよ!

もっとしっかり指導して下さい」

と厳しく注意されました。

 

生活指導係の指導があって、

Aちゃんも含めて全員の生徒が

煙草を吸っていたことを認めました。

 

私はAちゃんが煙草を吸った事実より、

「煙草は吸わない」

と言う私との約束を破ったこと、

「煙草は吸っていない。先生、信じて!」

と嘘をついたことの方がショックでした。

 

落ち込んでいる私を見かねたのか、

私が慕っている年上の女性教諭が、

「村川先生には煙草を吸っていないと

信じて欲しいAちゃん、

いじらしいじゃないですか。

彼女の気持ちをわかってあげましょうよ」

と言われました。

 

煙草は依存性があるようです。

どうしても吸いたくなる時もあるでしょう。

 

思春期の問題を抱えた子どものグループで

みんなが煙草を吸っている時には、

立場もあったでしょう。

 

Aちゃんが一人で居る教室に行くと、

「村川先生、約束破ってごめん。

でも、先生を騙そうとかと違う。

村川先生、好きだから。

私、そんなことしない」

としょんぼり彼女がそう言いました。

 

Aちゃんが裏切ったと怒った方が、

私の気持ちは楽だったかも知れません。

でも、「甘く見られている」

「騙されている」と批判されても、

私はAちゃんを信じようと思いました

 

あれから数十年経って、

私はアドバイスしてくれた

年上の同僚の年齢になりました。

教職を離れて10年近く経ちました。

 

今でも「信じることは難しいな」

と痛感することがしばしばあります。

 

「そういう人だったのだ」

「縁がなかった」

とつき合いを止めて割り切れるなら

気持ちは楽です。

 

でも、自分が信じようと思った人、

大切な人ならば、

たとえ約束を破っても

自分が出来ることをして、

あとは信じて待とうと思うようになりました。

 

約束そのものよりも、

信じて待つことを大切にしたいのです。

そして、今の私には

信じて待つ強さがあると思っています。

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。