甘えるってこういうことだったのね

鬱を患って以来、

夫が亡くなってからは特に

弟が何かと頼りになってくれます。

 

鬱が酷かった頃、

集中力も判断力も失っていたので、

事務的なこと一切を

弟が取り仕切ってくれました。

今は回復して元気になっているのですが、

今でも弟に事務処理一切を任せています。

 

でも実は私、

案外と事務能力は高いのですよね。

それなのになぜやらないかというと、

そうなんです

弟に甘えているんです。

 

普段私はあまり人に甘えることがありません。

幼い頃から何でも自分で出来ること、

人に甘えないことが良いことだという

躾を受けたからだと思います。

 

そんな私が弟に甘えていることに気づいて、

「そうか!甘えるとはこういうことなんや!」

と実感しました。

 

人に甘えない私ですが、

弟は肉親なので、

私が事務的なことを全くせずにいても

弟は許してくれる。

仮に怒ったとしても

姉弟の縁が切れてしまうことはないと

無意識に私は知っているのです。

 

弟にすると迷惑な話ですが、

私は姉弟だということもあって、

弟といると気楽でけっこう本音で話せます。

肉親のありがたさですね。

居心地がいいです。

 

弟との信頼が基本にあるので

成り立っている関係なのでしょうね。

 

「甘えること」が罪悪のように

厳しく躾けられたので、

人に甘えることが

なかなか出来ない私ですが、

弟以外にもちょっとは誰かに

甘えてみようかなと思っている私でした。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。