死に様がどう生きたかを映し出す

玄関の収納スペースを片付けた時、

そこを占拠しているのが、

大量の不用品だと気がつきました。

 

夫がお中元にもらったビールセットを

収納したまま忘れているのを

見つけました。

包装も解かないままでした。

 

その他にも

展示会でディスプレイとして使われていた

陶器製の合掌造りの住宅模型、

結婚式の引き出物としてもらって来た

カトラリーセット、ペアカップ。

夫の車専用のハンガーもありました。

車自体は既に廃車になっているのに。

 

夫が亡くなって8年半過ぎています。

 

もらって来た本人は

黄泉の国に旅立ち、

物はこの世に残されているのです。

 

「置いといて」

と言うのが夫の口癖でした。

処分に迷うと

自分の目につかない所に

とりあえず「置いといて」でした。

 

自分の物を処分するのは、

まだ比較的容易です。

でも人の物、

特に亡くなった人の物を処分するのは、

とても大変なことです。

 

尋ねることができないし、

処分するのは忍びないけれど、

持ち続けるのも不便だし・・・。

故人を思いながら、

判断に迷うのは辛いものです。

 

ちょっと夫を恨めしく思いながら、

片付けをしていて、

「私の時は誰が片付けるのかな?」

と思いました。

 

私たち夫婦はたまたま私が残りました。

でも私もいつか死ぬのです。

「私が死んだ時には、

誰が片付けてくれるのかな?」

大きなクエスチョンマークが

頭に浮かびました。

 

そして思いました。

できるだけ物は少なく持とう。

使わない物は、

面倒でも自分で判断して処分しよう。

不要な物は買わないでおこう。

好きな物をどんどん使おう。

 

生きている間は毎日毎日、

判断を問われることの連続です。

判断を回避すると

物事はどんどん滞ってしまうのです。

 

自分の判断は自分でしよう。

 

玄関の収納スペースにあった

雑多な夫の遺品を処分して、

リアルに自分の死を思いました。

 

死に様がどう生きたかを

映し出すのですね。

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。