被害妄想をやり過ごす方法~疲労や心の病がそう思わせているのだ~

私の精神疾患の診断名は

現在は双極性障害(躁鬱病)Ⅱ型です。

鬱状態と緩い躁状態の波があります。

 

心療内科での治療、ヨガ、カウンセリング、

インナーチャイルドカードセラピーの効果で

私は今、明るく元気に過ごしています。

それでも躁と鬱の緩い波が

今でも時々やって来ます。

 

躁状態で疲れ、その後鬱状態になると、

私の自意識過剰が酷くなります。

「みんなに嫌われている」

「仲間はずれにされている」

「誰も私を評価してくれない」

と被害妄想に苦しみました。

 

でも今は「◯◯さんに嫌われている」

「△△さんが私を除け者にする」

「私は正当に評価されていない」

などと思い始めると、

「あ!鬱だ。寝よう!」

と早めに休めるようになりました。

 

ちょっとまとまった時間眠って休むと

身体が楽になり、

気分もスッキリし冷静になれます。

好きな飲み物を飲んで

しんどかった気分を振り返ると、

なぜそのように思えたのか

不思議に感じるほどになりました。

 

私は双極性障害なので躁状態の時は、

「ああ~テンションが高くなっているな」

と自覚し、鬱状態の時は、

あまり何も考えずに眠って

心身の休養を図るようにしています。

 

躁状態でテンションが高くなっている時も、

鬱状態で気分が落ち込む時も、

「病気で適切な判断ができていないのだ」

と冷静さを持てるようになりました。

 

誰でも疲れるとネガティブになると思います。

メンタルな病を患っていると

特に気分が落ち込んでしまいます。

「これは疲れや病気がそうさせているのだ」

と考えて、無理せずに休むことの大切さを

実感しています。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。