読みやすい文章を書くための3つのポイント

「どうしたら文章が上手になりますか?」

と時々尋ねられます。

 

どんな文章が上手な文章なのかは

人によって感じ方が違うと思いますが、

私は読みやすくて分かりやすい文章を

書くことを心がけています。

 

*読みやすい文章のための3つのポイント

・主語をいくつも並べない

・文章は短く簡潔に

・主語と述語の呼応がはっきりしている

 

この3つを心がけるだけでも、

分かりやすい文章に改善することができます。

 

例えば

<オリジナルの文章>

父がお風呂が私の風呂掃除が雑で

きれいではないので足も腰も痛いけれど

私の代わりに掃除してきれいでした。

 

 

この文章は、

「父が、風呂が、私の風呂掃除が」

と主語が3つ並んでいます。

 

そこで「私の風呂掃除が」が主語の文章、

「父は」が主語の文章、

「風呂は」が主語の文章に分けました。

そしてどの主語と述語が呼応しているかを

ハッキリさせました。

 

 

<書き換えた文章>

私の風呂掃除が雑でお風呂が

きれいではないと父がいいました。

父は足も腰も痛いけれど、

私の代わりに風呂を掃除しました。

風呂はきれいになりました。

 

 

分けて書くと読みやすくなったと思います。

 

一旦、ブログ等の文章が書けたら、

読み直して(音読するのがお勧めです)、

上記の3点に注意して

手を加えてみてください。

読みやすくなりますよ。

 

ちょっとした工夫ですが、

ブログを書く時などに

参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。