百人一首「右近」~破る罪と誓わない罪~

子どもの頃、

お正月になると家族や親戚が集まって

百人一首をよくしました。

それぞれお気に入りの札がありました。

弟は歌の意味もわからないのに、

自分のお気に入りの札を

他の人が取ると大泣きして大変でした。

 

大人になって、

少し歌の意味が分かるようになり、

恋の歌に興味を持ったことを覚えています。

そんな私のお気に入りの百人一首本は、

詩人吉原幸子さんが歌を詩で現代語訳した

『吉原幸子百人一首』でした。

 

ちょっと興味深い歌があります。

右近の和歌です。

「忘らるる身をば思わず誓いてし

 人のいのちの惜しくもあるかな」

 

この歌は一般的に、

以下のように解釈されています。

 

 

「忘れ去られる私の身は何とも思わない。

けれど、

いつまでも愛すると神に誓ったあの人に、

(神罰が下って)命を落とすことになるのが

惜しまれてならないのです」

(「ちょっと差がつく百人一首講座」より)

 

 

詩人の吉原幸子さんは、

「フラれた女が自分の身を思わず、

相手の命の心配をするなんてマユツバだ」

と解釈されて、

次の詩のように現代語訳されています。

 

いつかはこんなふうに 捨て去られ

忘れ去られるわたしだったのに

 

そんなことは 考えもせず

(いいえ 考えても かたく目をつぶり)

行く末までもと 誓い合ったのでした

 

わたしは誓いを破りはしなかった

けれども ともに誓われたあなた

決して心を変えないと

いのちにかけて約束なさった

そのおいのちが

いまは気づかわしいのです

 

あれほどの誓いにそむけば

神はあなたに いちばん重い罰(ばち)を

お当てになるかもしれませんもの

 

 

私は、国文法的・一般的な解釈よりも、

詩人吉原幸子さんの詩による現代語訳が

心情に迫るように感じました。

 

 

さて、右近は

「忘れられる自分のことなど

どうでもいいのです、

命をかけた誓いを破ったあなたのお命が

惜しまれるのです」

と言う思いで歌ったのでしょうか?

 

それとも、

「いつかは忘れられる私だったのに、

そんなことは考えもせずに行く末を誓った。

その誓いを破った

あなたの命が惜しまれるのです」

と言う思いを歌いたかったのでしょうか?

 

あなたなら行く末を誓った人が、

心変わりして去った時、

相手におくりたい歌はどちらでしょうか?

 

吉原幸子さんは、

「誓いと言うものは危険である」

とも述べられています。

そして「誓わない決意」をされたそうです。

その文章がとても切ないのです。

 

「破る罪と誓わない罪と

どっちが重いのだろう

明日を押しかえして誓うことのむなしさ

今日を誓わないことの痛さ・・・」

 

今日は『吉原幸子百人一首』から、

恋の歌を一首ご紹介しました。

ご案内は村川久夢でした。

*----------*

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。