ああ、オトーチャン(その5)~愛すべきわが父~

昔、父は「なんでもほどほどに、

そこそこで目立たないのが一番」

と言う考え方だった。

 

でも今は、私が化石と喧嘩したら

「わしが代わりに

文句言いに行ってやろか!」

と言ってくれたり、

 

私がイーシャさんのセミナーで

6日間家を空けても

「お前がいないと寂しいわ」

とは言ったけれど反対しなかった。

 

自宅サロンを開いても、

家をオープンにしても

「そうか~ワシは挨拶しに行かんでも

ええんか?」と言うだけだ。

 

ホンマにありがたいことやなと思う。

ありがとうオトーチャン。

 

 

<シニア起業>

さっき、父が見ていたテレビ番組は

「シニア起業について」だった!

父は来年1月に90才になるのだが・・・

 

 

<携帯電話>

*携帯電話(らくらくフォン)の使い方が

なかなか覚えられない父。

携帯の絵を描いて説明したり、

1メートルも離れていない距離で

「もしもし、オトーチャン」

「もしもし、ワシや」

と何度も練習したりもした。

「わかった。ありがとう!」と父は言った。

数日後、父が私にこう言った。

「前から思っていたんやけど、

今度一回、携帯電話の使い方を

ワシに教えてくれるか?」

教えたこと自体を忘れたらしい・・・

 

 

<肉食系男子>

父と鍋物をすると父は

「豆腐?味がしーひんしいらん」

「葛きり?噛み切れへんしいらん」

「菊菜?芯が固いしいらん」

「椎茸?入歯に合わへんしいらん」

と言って食べようとしないが、

肉だけは何も言わずに機嫌よく食べる。

父は肉食系男子のようだ。

 

 

<減りが速い>

父が私に言った、

「この薬、お前も使こてるんか?

減りが速いねんけど・・・」

どんな薬かと思って見たら

入れ歯安定剤だった。

私が使うわけないやんか!

 

 

<アプリをダウンロード>

毎年、きっちり年賀状を出す父。

「年賀状を自分で作りたいのやけど、

アプリをダウンロードして

インストールするってどうすんにゃ?

言葉が分からへんのやけど・・・」

と電子辞書を持って父が言った。

いやいやオトーチャン、

言葉を理解するのも難しいし、

仮に理解できても

ハードルが高すぎると思うで^^;^^;^^;^^;

 

 

<昭和3年>

父は昭和3年生まれ。

西暦だったら生年は何年なのだろうと思って

新しく買った手帳の「年齢早見表」でみたら

昭和3年は欄外になって

載っていなかった^^;^^;^^;^^;

 

 

<溜め込む>

父は戦中戦後の物資不足の時代を

体験しているので、

やたら物を溜め込む癖がある。

毎朝飲む牛乳も1リットル入りを

4~5本溜め込んでいる。

心配になって牛乳パックを見たら、

一番新しいパックでも

1週間前に賞味期限が切れていた^^;^^;^^;^^;

でも、父は「どーもないでー」

と言って捨てない・・・

 

 

<ミニコロッケ>

父が夕食のおかずのミニコロッケを

お皿に並べてくれた。

一つだけ様子が違うのがあったので、

食べてみたらアンドーナツだった

^^;^^;^^;^^;

 

*鬱・夫の死を克服した作家&

インナーチャイルドカードセラピスト

村川久夢(むらかわ くむ)

 

*----------*

「村川久夢ホームページ」

<ホームページ>

セッションのお申込みは下記フォームから

<お申込みフォーム>

村川久夢作品のページはこちら

<村川久夢作品>

セルフマガジンのお申込みはこちら

<セルフマガジンお申込みフォーム>

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。